IELTS2度目の受験とその結果

こんにちは。

Ozakenです。

ニュージーランドに滞在して5カ月目に受けたIELTSでは5.5という結果でしたが、日本に帰国してからもう一度IELTSを受験しました。

今回も備忘録も兼ねて各パートの反省と改善点をまとめます。

2度目のIELTS受験に行ってきました。

そもそもIELTSって

IELTS(アイエルツ)はがイギリス英語圏で主に使われている検定の一つで世界中の留学時やビザ申請での英語力の判断材料になっています。

種類は2つあり、大学受験に必要とされるのがAcademicと呼ばれ、永住権やその他ピザ申請で必要になってくるのがGenaralです。合否がある英検とは違い、能力に応じて点数が与えられるという採点方式です。また資格は2年間しか有効期限がありません。

IELTSをもう一度受けなければならなくなった理由

前回受験時、僕はニュージーランドの専門学校に入学する気でいたので必要なスコアは、前回取った5.5で足りていました。

しかし、ニュージーランドは生活費が高かったこと、また他の国にも行ってみたいという気持ちからニュージーランドより比較的物価も安く学費も安いカナダの2年制カレッジに行くことにしました。

ですが、なんとカナダのカレッジのIELTSでの入学条件はOverall6.0(各パート5.5以上)と厳しい条件だったのです。

そのためIELTSの再受験が必要になりました。

前回のスコア

前回のIELTSのスコアを確認してみましょう。

  • Speaking 5.5
  • Writing  6.0
  • Reading  5.5
  • Listening    5.5
  • Overall       5.5

各パート平均5.5はクリアしていましたが、5.5以上の点数がないとOverall6.0は難しいです。

では、2度目にIELTSに向けてどのように対策を打ったかまとめていきたいと思います。

どんな準備をしてきたか、、、

IELTSの再受験が必要なことを知った時には僕はすでに日本にいました。そのためどうにかして英語力をキープさせる方法はないかと探すことにしました。

そこで取り組んだのが以下の勉強法です。

  • DMM英会話

日本人でも多くの方が英語学習に利用しているこのDMM英会話ですが、僕はSpeakingとReadingを鍛えるために入会しました。入ったプランは毎日25分間のレッスンがあるものです。レッスンの内容は自分で選択できますが、個人的にIELTSを受験する方におすすめしたいのがDaily Newsというマテリアルです。

Daily Newsでは毎日ニュースが更新されていてそれに関して意見など先生と話すというものです。IELTSの試験では質問へいかに正しくより難しい単語を使うかでポイントが随分とアップするのでそういった面でのトレーニングの場になります。

  • 参考書での勉強

普及しているのは間違いありませんが、日本ではまだIELTSの知名度はTOEICや英検に比べると低く、参考書なども多くないのが現実です。ですが、現状ある参考書でも初心者や僕の様な6.0台を取りたい方には十分機能してくれます。

ちなみに僕の地元の本屋には一つもIELTS関係の参考書はなかったのでAmazonでレビューを見て決めました。

上で紹介している’IELTS 完全対策&トリプル模試’という参考書です。

各パートを、さらに出題傾向に合わせて細かく分析してあり、各々の解き方が説明されています。

 

  • YoutubeのIELTSのListeningチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCIgELCOfrcYA9jWF4TOJUnQ/featured

フラットに滞在していた時に一緒に住んでいたタイ人の子に教えてもらいました。

ニュージーランドに留学している時からずっとお世話になっていることのサイトですが、このサイトの魅力は毎日更新されることです。また、Youtubeで観ることができるのでWi-Fiさえあればどこでも勉強できるのもおすすめポイントです。

一日一回でいいので毎日やることでかなり耳が慣れてくると思います。

2度目のIELTSの結果と当日の状況、反省点

予約は前回同様にWebで行いました。

僕は岐阜出身なので前日松本入りしてバックパッカーに一泊してから会場に行きました。前日はほとんど勉強せずリラックスすることに重きをおいて過ごしました。

では、昨日結果が届いたので、先に結果から発表します。

手ごたえは前回よりはかなりあったかと思います。

  • Speaking  6.0
  • Listening  6.0
  • Writing   5.0
  • Reading  6.5
  • Overall   6.0

でした。前回がOverall5.5だったので0.5アップしたことになります。

では、各パートごとの点数の変化と反省をまとめていきます。

 

  • Speaking 5.5→6.0

前回は、正直なところ本当に5.5ももらっていいのかというくらい酷かったのですが、今回はかなりマシになったと思います。

何よりレスポンスの速さが以前より飛躍的に改善されたのが良かったです。そのようにできた理由として、一番大きいのがDMM英会話です。自分の考えを英語で早く考えて答えるというSpeakingの訓練ができたことです。反省点としては語彙力が簡単なものに偏りがちだったので、次回は今回よりも複雑な文法を使ったり様々な表現方法で答えられるといいです。BecauseだけでなくThe reason why~のように同じ内容でも違う表現で説明するという意味です。

ちなみに聞かれた問題は「最近あなたが行ったパーティの説明」と、「家族内でのパーティは今後どうなっていくかという質問でした。」

 

  • Listening 5.5→6.0

Listeningには2か月近く毎日Youtubeで鍛えていて練習では28~30点台も良くとれていたので何とかここで6.5を取りたかったのですが、試験ではいつものように頭は働いてくれずあまり気持ちよくできませんでした。また、単純なスペルミスが一つ(Essey→Essay)、不要なsによるミスが一つ(business management→business managements)あり、そういった単純ミスによる減点も痛かったです。

言い訳ですが、正直なところラジカセでのリスニングはノイズが多くて嫌いです!!!聞き取りにくい、、、、

 

  • Reading 5.5→6.5

正直問題にも左右されるReadingなのですが、今回はスムーズに説くことができました。また、問題によって意識するポイントを変える必要があるのですが、それにも上手く対応できたと思います。最後は5分程もあまり見直しもできました。(見直しではしっかりミスを発見しました。)

 

  • Writing 6.0→5.0→再採点申請中

Tusk1は円グラフで、ばっちり復習していたおかげでしっかり書くことができ、ほとんど20分ちょうどで終えることができました。Task2は「購入するものに対する価値観がブランド志向になっているがそれは良いか悪いかという」ものでした。個人的には、5.0だとちょっと納得がいかなかったので現在再採点をしてもらっています。

※再採点は¥9,000で申請することが可能です。場所にもよりますが、再採点が終わり最終スコアを聞くまでに約1ヵ月ほどかかるようです。

2度目のIELTSを受験して感じたこと

2度目のIELTS受験が終了しました。前回は海外での受験かつ初めてというわけでかなり緊張してしまいましたが、2回目となるとかなりリラックスできました。

よく試験前は勉強せずリラックスした方がいいと聞きますが、実際そうしてみたらかなりリラックスして取り組むことができました。

IELTSだけに限らず、何か大事なイベント前には同じようにやってみたいと思います。

是非皆さんもやってみてください。

もちろん、十分な準備は大事ですけどね、、、

再採点の結果が分かり次第追記します。

読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です