ルームシェア生活1カ月レポ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

今週でルームシェア生活一カ月になります。なので、今回はルームシェア生活一カ月を振り返ってみたいと思います。

1カ月のルームシェア生活を振り返って

生活

他人と同じ部屋に暮らす、しかも他の国の方と。きっと留学という選択をしなかったら一生しなかっただろう経験ですが、想像していたより生活は穏やかで楽しいものでした。

勿論、一緒に住んでいる方が絵に書いたような親切な方だということもあります。そして、一緒に住んでいる他の日本人もとても綺麗好きのため部屋も綺麗に保たれています。先日は僕が掃除をしたのですが、上手くいかずいろいろ教えていただきました。(シャワールームがガラス張りで水垢取りをしたかったのでが、かえって汚くなってしまったためです。)

初日こそ散々でしたが、今は楽しく生活できています。

食事

食事に関しては、全くなってないです。自分でももう少しできると思っていたのですが、今のところ、毎日パスタ、パスタ、パスタです。そして野菜も食事の中に入れることは入れるのですが、なんというのでしょうか、料理として存在しているというよりはお互いに独立して皿にいるといった感じです。料理というよりは「パスタと玉ねぎとシーチキンがある皿」というのが僕が今作るパスタの適切な表現です。日本でもっと教えてもらっておくべきでした。

感想

何から何まで自分でやらないと生きていけない生活が始まりました。ですが、不安を持ちつつも三年も親元を離れて生活しているわけだし大丈夫だろうと思っていたのが正直なところでした。

そんな自信も、ものの一週間でなくなりましたが笑

三年間の社会人生活をしてきたといっても、ご飯は朝昼晩食堂で食べることができ、毎日ゆっくりと風呂につかれて、共同スペースの掃除は清掃員の方が来てくれる社員寮、実家で暮らしていた時よりも随分とサポートを受けていました。この生活を三年間したことに少なからず自信をもっていた自分が今となっては恐ろしいです。

初日からうどんをゆで汁ごと食べて腹を壊し、パスタを教えてもらってからは毎日パスタ、パスタ。いざ、メニューを教えてもらっても食材選びから何が何だかわからない。こんな生活をできるのも、僕自身食べることができれば見た目や味はあまり気にしないという少々大雑把な性格のせいでもあります。ですが、一緒に住んでいる日本人の方たちが毎日、食材を料理にして食べているのを見ると羨ましく思うことがあるので、体のどこかでちゃんとした料理を摂ることを欲しているのかもしれません。

来月の目標

生活

生活も安定してきたので次の目標は仕事を見つけることです。できるのであれば、ローカルのバリスタなどやってみたいところですが、実際CVなど配っていてもかなり難しい状態にあります。ですが、ワーホリに切り替えたときにローカルの職場でしっかり働くためにも今のうちに近い環境で仕事がしたいので、できるかぎり頑張って探したいと思います。

食事

品数が少なく済む料理でもいいのでしっかりレシピをみて作っていきたいと思います。(料理に関して調べるという動作をこの1カ月一度もしていませんでした。)さらに、一カ月間、結局一度も肉、魚を買うことがなかったので栄養面にも気を配っていきたいです。

今日の雑談

最近一段と寒くなってきました。それにもかかわらずクラスの何人かは半袖のTシャツ一枚で過ごしています。同じ教室にあまりの寒さに上着すら脱がずに授業を受ける生徒(僕です)と何食わぬ顔で勉強を続ける半袖の生徒が混在していて、まさにカオスです。いったい彼らはどんな体をしているのでしょうか、気になるところです。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です