アトピー持ちの方が海外に来る前にやっておくべき3つのこと

こんにちは。

Ozakenです。

今回はアトピー性皮膚炎を持っている方が海外に長期滞在する前に場合どんな準備をしておくと良いか書いていきたいと思います。

海外に来る前にやっておくべき3つのこと

  1. アレルギー検査をする。
  2. 多めに薬を用意する。
  3. 自分の持っていく薬の英文の処方箋を用意する。

1.アレルギーの検査をする。

海外に行く前に、過去にアレルギー検査を受けた方も今一度アレルギー検査をしておくことをお勧めします

特に現地で関わる回数が増えることになりそうもの(僕の場合はニュージーランドにいくので海鮮類はたくさん調べてもらいました)は細かく診てもらうことをおすすめします。担当の医者にも海外に行くことはしっかりと伝え、気を付ける点などを確認しておくと海外に対する不安も解消されると思います。

診察料は5000円~10000円です。病院にもよりますが結果が出るまでに時間がかかります。

僕は海鮮類を細かく見たのですが、エビ、イカにアレルギー反応がありました。

どれも自分の大好きな食べ物ばかりでかなりショックでした。どうして、好きなものばかりに反応してくるんですかね、、、

2.多めに薬を用意する。

海外に行くことを言わないまま多めに薬をもらうのは難しいです。

上記でも説明したように海外に行くことは必ず医者に伝えておきましょう。僕はステロイド、プロピトック、ニキビの薬を約3カ月分もらうことができました。

3・自分の持っていく薬の英文の処方箋を用意する。

なぜ英文の処方箋が必要になるのか?

まず、入国カードを書く際に、薬品の持ち込みがある場合は申告する必要があります。その際はMedicineと書けば大丈夫なのですが、何カ月も滞在することになるのでもちろん薬の量もかなりの量になります。

同じ種類の薬をいくつも持っていくという行為に対して、現地で売買する可能性があるともみなされ説明が必要になる時がある場合があります(カナダとニュージーランドに渡航していますが、とりあえず聞かれることはありませんでした)。その際に自分に必要な薬だということを証明するために英文の処方箋が必要になります。

また、現地の皮膚科に通う際などにどんな薬を自分が使っているか伝えられるだけでも病院側も処置がしやすいかと思います。

英文の処方箋のつくりかた

僕は皮膚科の先生にお願いしました。中にはできないところもあると思いますが、そういった場合には日本語の処方箋を翻訳アプリなどで自分で翻訳します。僕の通っていた皮膚科では作成に3日間かかったので、作成をお願いする場合は、時間に余裕があるうちにお願いしましょう。

「くすりのしおり」というサイト(下にリンクを貼っています)にて、ステロイド等の薬の英語版情報を検索できるので自分で翻訳しなければならない方は参考にしてみてください。

http://www.rad-ar.or.jp/siori/

持っていく際の注意点

英文の処方箋をもっていく際の注意点ですが、できれば二枚コピーをすることをお勧めします。一つは、キャリーバッグのなかで薬と一緒に保管しておいてください。もう一つは機内持込荷物の中に入れておいてください。詳細を聞かれた際にスムーズに答えることができるからです。

最後に、、、

僕も生まれつきアトピー性皮膚炎を持っていて、ぱっと見た感じだと分かりにくいのですが、季節の変わりなどには肌が荒れ痒みもひどくなるといった状況です。ニュージーランドに行った時、日本は夏、ニュージーランドは冬で季節が真逆だったため、どんな影響がでるのかかなり心配でしたが、特に変化は見られませんでした。追記)NZ生活5月目ですが、4カ月目に1週間程調子を崩しましたが、すぐに回復しました。

海外生活3カ月目アトピー経過観察

僕もいまだアトピーの自分を受けら入れられず、答えのない苦しみに傷つくことがあります。アトピーにかかっている人じゃないと理解できないと分からない悩みもあるので、何か手伝えることやおすすめしたいことがあればができることがあればコメントやTwitterなどで教えてください。

今後も何か役立ちそうな情報を発見し次第、また書きたいと思います。

読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です