ワーホリ、学生ビザの方向け!プリペイド携帯とは/購入時のポイント

今回、書きたいのはプリペイド携帯についてです。現地でスマホ等を契約する場合を、現地のSIMカードを使う方法とプリペイド端末を買うのとありますが、僕はプリペイドスマホを購入したのでその時のことを詳しく書いていきたいと思います。

プリペイド携帯について

そもそもプリペイド携帯とは

そもそもプリペイド携帯とは日本でいうチャージ式の電子マネーと似ていて、例えば1000円チャージすると1000円分のサービスを受けることができるものです。チャージ分がなくなると電話やメッセージが使えなくなります。(ですがwifi環境であればたとえチャージ分がなくなったとしてもインターネットに接続することは可能でした。)

プリペイド型には二つの種類があります。

  • プリペイト携帯 チャージ型の携帯電話です。メッセージと電話が可能です。
  • プリペイトスマホ チャージ型のスマホです。チャージ分が残っている限り普通のスマホと全く同じように使えます。

どこで買うのか

僕がおすすめしたいのは、「Spark」「Vodafone」「2degree」です。これらは日本でいう「au」や「docomo」みたいなところです。プリペイドといえど各社ごとプラン機種の値段が異なるのでパンフレットをもらいにったり実際に機種を確認してから決めるといいです。

プリペイトスマホ・携帯購入時に注意したいポイント

  • 値段

正直プリペイドスマホの値段は他と比べるとかなり安いです。海外に来て早々大きな出費はしたくないからといって一番安いものをくださいなんていって、いざ買ってみてイマイチだったら本末転倒です。勿論何を選ぶかは個人の自由ですが、ここは必要経費だと思ってしっかりしたものを買っても損はないと思います。

  • スペック

僕自身スマホを選んだ時点ではこれで十分だと思っていましたが、いざ、SDカードってどこから入れるんだっけなと探していたらSDカードは使えない機種でした。てっきりiPhone以外の機種はSDカードに対応しているものかと思い込んでいました。(無知なものですいません)こんな思わぬ見落としもあるので気になる機種は実際に店舗に飾ってあるものを見て確認してみることをお勧めします。

  • カバーや保護シートがあるか

プリペイトスマホは流通も需要もすくないためか、対応している保護ケースを探すのに随分苦労しました。保護シートはスマホに付属していたので良かったのですが、買う際に一度確認してみることをお勧めします。

  • 利便性

こちらも僕の経験談なのですか僕の住んでいたホームスティ先がVodafone対応のWi-Fiだったため2degreeの僕のスマホは全くネットにつなげることができませんでした。同じ携帯会社なら通話料が無料の会社もあるので(少なくとも2degreeは無料です。)連絡をよく取る方がいる場合はその方とも同じ会社を選んで方が安上がりかもしれません。

 

契約から購入まで

契約は英語で話さないといけないので、とても不安だと思います。僕もとてもできそうな気がしなかったので語学学校の日本人スタッフの方に相談しました。すると「I want to get prepay phone.」と「I want to charge 40$.(スマホにチャージしたい金額)」で分かってくれるよと言われ、やってみることにしました。

僕は「2degree」の機種が気に入ったので放課後に行くことにしました。

そして教えられたとおりに話すと、どうやらわかってくれたようでした。途中、SIMカードはあるか聞かれましたが、なかったのでないと答えました。そして、お店に入ってものの10分でプリペイドスマホをゲットすることができました。驚いたのは、何一つ紙に書いたり、個人情報の提示がなかったことです。

すべての手続きが口頭で終わりました。

簡単ですが、ある意味恐ろしいです。よく分からない契約をしていたなんてことがないように分からないことは必ず聞きましょう。こういった事になれているのか僕がいったショップ店員さんは丁寧に対応してくださいました。またレシートも必ずもらっておきましょう。

ちなみに僕が支払ったのは

  • スマホの機種代 179$
  • チャージ代    40$(SIMカード代を含む)

でした。

各携帯会社ごとにプランが用意されています。自分に合ったプランを選んで購入できます。僕がいつも利用しているプランを例に挙げると

例)19$Carryover Combo  1.25GB, 200(Carryover Minutes to NZ),Unlimited Texts(to NZ Aussie) ,Unlimited Calls(to NZ Aussie)

チャージした分から19$払って買うブランです。上記太字のサービスを受けることが可能です。2degreesではこのプランを含め4つのプランがあります。

チャージ分がなくなったら

チャージ分がなくなってくると携帯会社から「残高(balance)が少なくなってきました。」というメッセージが届きます。(時折広告が送られてきますが無視して大丈夫です。)それはチャージ分がなくなってきたサインなので、携帯会社に行ってチャージする必要があります。ショップ店員にチャージしたいことと幾らチャージしたいのか伝えると後はやってもらいます。お店によっては、店員に頼まずとも自分でチャージできるところもあります。確認してみてください。

現地スマホは日本語対応していなかった場合

僕のスマホもそうだったのですが、対応言語が英語と中国語しかありませんでした。日本語に出来ないと知った時はかなりショックで日本にいる友達にローマ字で「nihongogautenai」(日本語が打てない)送ったら笑われました。

そういった場合はアプリ「Simeji」をダウンロードすることで解決できます。キノコの形が目印です。

振り返り

ニュージーランドについて早々スマホの契約というのは、僕にとってはかなりの難題でしたが、思ったより簡単にできてよかったです。各社提供するサービスがそれぞれ違うので自分に合ったプラン、機種を見つけられるといいですね。

今日の一言

学校にウォータサーバーがあると聞いて水筒代わりに使っているペットボトルに入れようといってみたのですが、なんとサーバーから出たのは熱々のお湯で僕の水筒はたちまちクシャクシャになりました。衛生的にもよくないのでこの際ちゃんとした水筒を買おうと思います笑

 

読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です